THE MUSIC PLANTのWeb Siteへようこそいらっしゃいました。
▶︎THE MUSIC PLANTって何者?という方はこちらのページへ。
▶︎関連アーティストの詳細が知りたい方はこちらのアーティストリストへ。
▶︎すでにTHE MUSIC PLANTをご存知の方で「最近何やってるんだろー」という方は、このトップページ、そしてほぼ毎日更新しているブログへ。
▶︎関連アーティストのCDが欲しい、という方はCDショップへ。

 ピーター・バラカンさんの音楽映画祭でウチの映画がかかる!

 
あいからず鬱々とした日々ですが、なんとかミュージシャンと音楽ファンの皆さんをつなぐため、日々奮闘しておりますTHE MUSIC PLANTです。
 
5月23日の北とぴあ日本の伝統音楽祭は、普段よりお客さんの数を半分にして現場の感染対策もバタバタと大変でしたが、なんというか音楽の神様が降臨した素晴らしい公演でした。(とりあえず2週間感染者の報告が出ていないので、ひと段落!)。
 
5月27日にはTOKYO SCREENINGの3回目も無事終了。緊急事態宣言下でしたが、ウィーンから空輸したザッハトルテも好評でした。このあとこのシリーズ続けていくか少し検討しますが、このコロナ禍が長引けば、もうしばらく続けていくかもしれません。
 
さて、そんな中、この先決まっているTHE MUSIC PLANT関連のニュースですが、制作にかかわった 無印良品のBGMがいよいよ配信で聴けるようになったことと、なんと7月に ピーター・バラカンさんがキュレーターを務める音楽映画祭で、ウチの映画がかかることが決定したこと!!
 

 
それにしても、映画祭のニュース、嬉しすぎる。有楽町でついにウチの映画がかかる! 他の作品も素晴らしいのですが、そんな作品の中でもウチの映画が一番かっこいい?! ピーターさん、そして映画祭プロデューサーのOさん、この映画をセレクトに入れてくださって、本当にありがとうございます!! そして7月14日にはおそれおおくも野崎もピーターさんとの上映後アフタートークに参加します。今からとても楽しみ。
 
『サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け』は、70年代に活躍したグリーンランドのロックバンドのドキュメンタリー。デンマークの統治下で彼らは独立を叫んでいました。果たして彼らの夢は叶うのか、音楽は社会を動かすことが可能なのか。これは必見の作品です! 
 
 

そのほかのニュース:THE MUSIC PLANTでは、来月6月には関連アーティストの母国でのライブコンサートの映像を日本字幕をつけて配信する企画もあり。またついにフィンランドからの輸入ビジネスに着手。ONTOMO WEBでは新しい連載も始まるし、あれこれやることが山積しております。引き続き応援してくださいね。
 
秋にはまた皆さんと一緒に集まれるイベント関連が復活してくる… 予定?! だめもとでとにかくあれこれ仕込んでおります。お楽しみに。
 
2021年6月11日 THE MUSIC PLANT 野崎洋子
 
 

 UPCOMING EVENTS

    
Peter Barakan's Music Film Festival  
「サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け」
ピーター・バラカンさんの音楽映画フェスティバルにて上映決定。詳細は ここ
某来日アーティスト
1月中旬来日ツアー 詳細発表はしばらくお待ちください…  8月もしくは10月で調整中 →    流れました…無念です。
ケルト市
春のケルト市は延期に。秋は必ずやりたいと思っています。

 TOPICS

2年ぶりにICU-HIGHで講座。

THE GOTHARD SISTERS 新作到着。

久しぶりに国際基督教大学高校にて講座。今回はTOKYO-FMの田中美登里さんに登場いただきました。いろいろお話が聞けて、すごく楽しかったです。レポートは ここ
(2021.6.9)
 
2年前に民音のツアーで全国公演を行ったゴサード姉妹が 新しいCDをリリースしました。(2021.6.9)

北とぴあ日本の伝統音楽祭、無事終了いたしました。

 
松田美緒さん、輝&輝(KiKi)のお二人、ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。
公演写真などは こちらです。
Photo by Takehiro Funabashi

(2021.5.25)
 

無印良品BGMが配信に

無印良品BGMが配信・サブスクでも聴けるようになりました。THE MUSIC PLANTは、2004年制作のBGM4(アイルランド)から始まり、BGM7(スコットランド)、BGM8(スウェーデン)、BGM17(アイルランド)、BGM24(フィンランド)、BGM25(アイルランド)の制作に関わりました。
 
詳細はこちらです。
(2021.5.19)

TOKYO SCREENING 2021


2020年に続き、2021年も海外アーティストが来日できない現状が継続しそうです。このままだと何もなく時間がたってしまいそうなので、こんな企画を作りました。Vol.1  Wallis Bird そして、Vol.2 Petteri Sariola Vol.3 BartolomeyBittmannご来場くださった皆さん、ありがとうございました。

   

ONTOMOにてこの冬のケルト文化情報をご紹介しました。 


 ケルティック・クリスマス他、この冬はケルトの音楽、そしてケルト文化の神秘を体験できるイベントが盛りだくさん!  記事はこちらで読めます。(2020/11/25)

フレアーク新婦「Back Alive!」のライナーを書きました。 


 11/18にディスクユニオンさんからフレアークの新譜『Back Alive!』が発売。THE MUSIC PLANTの野崎が解説を書きましたので、ぜひぜひ日本仕様のものをご購入ください!! パブロが新しいリーダーになった新生フレアーク。とにかく、めっちゃかっこいい内容です。詳細は こちら。(2020/11/18)

バンドにエイド終了しました 

 
 
「バンドにエイド」クラウドファンディング無事終了! おかげ様で予定以上の金額を各ミュージシャンに送金することができました。CDに収録されているアーティストや曲の詳細な情報は こちらです。CAMPFIREのページは こちら。なおご賛同いただいたみなさんへのリターンの発送は完了しております。まだ届いていないという方は 至急ご連絡ください。

WebONTOMOでコラム執筆中。


最近ではアイルランドのカートゥーンサルーン最新作「ウルフウォーカー」について こちらに書きました。(2020/10/30)

10月 早稲田大学 
安藤先生のゼミにお邪魔しました!

久しぶりに再会した著作ケンゾウくんこと熱血安藤先生のゼミに参加してきました。 こちらにレポートを掲載

各媒体さんで書かせていただいた記事をまとめました 


過去に野崎が各媒体さんで書いた記事の中で、Web上で読めるものが増えてきたので、 こちらのページにまとめてみました、よかったらお読みください。

10月 ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ来日中止

ショパンのルーツでもある農村マズルカの世界を現代に蘇らせたヤヌシュ2度目の来日。 こちら。残念ながら公演は中止となりましたが、Peter BarakanさんのLive Magic! Festivalにオンラインで参加しました。

訃報:アラマーイルマン・ヴァサラットのスタクラ R.I.P.

 
ポルトガルの病院にて7月12日に亡くなりました。47才でした。今まで応援してくれた皆さん、ありがとう。
 
追悼ブログをこちらに掲載しております
アラマーイルマン・ヴァサラット
ヴァサラットのCD&DVDショップ

 Jarno Stakula Sarkula (1973-2020)
photo by Naoki Fujioka 

BMG25 アイルランド編の第3弾が発売になりました。

無印良品のBGM25が発売になりました。アイルランドでの録音は4、17に続いてなんど三度目。無印良品とケルト音楽の相性が良いのでしょうか。シリーズの中でも良く売れているのだそうです。詳細は こちら。(2020年7月)
 
 

バルトロメイ・ビットマン、TOKYO JAZZに出演、大好評を博しました!

残念ながら来日が中止になってしまったバルトロメイ・ビットマンですが、TOKYO JAZZについてはオンラインで出演することができました。カッコ良かった。二人の勇姿はTOKYO JAZZのYou Tubeチャンネルにもアップ。こちらへどうぞ(2020年5月)

なお長い方の演奏動画も追加されました。 3本あります。(2020年8月)

サイト内検索

 

 CD SHOP

 
掲載されているアイテムの在庫確実。送料無料。
お支払い方法はPAYPAL、クレジットカード、もしくは郵便振替(あと払い)等、いろいろご用意しております。くわしくはCDショップのページをご覧ください。

  AND MANY MORE....

NEW!!!!   ブライアン・フィネガン『HUNGER OF THE SKIN』


フルックのフロントマン、待望のソロ新作!

NEW!!!!   ウォリス・バード『YEAH!』


2007年から2014年までのライヴパフォーマンスをまとめたパワーあふれるライヴ盤。

ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ『イン・ザ・フットステップス』


ショパンの血肉となった農村マズルカの復興。驚異のフォーク・リバイバルがワルシャワを席巻する。これぞ真のソウル・ミュージック。

ルナサ『Casu』


ルナサ久々のスタジオ録音盤は豪華ゲストを迎えた超自信作。特にメアリー・チェイピン・カーペンター、ナタリー・マーチャントらのヴォーカルに涙。

ヴェーセン『ルール・オブ・スリー』


ヴェーセン、バンド結成30周年記念の最高傑作。いつもの変わらない彼らの姿がここにある。日本に捧げられた「台風のざき」も聴いてね!(笑)

FLOOK『アンコーラ』


フルックのなんと14年ぶりの新作がこちら。圧巻の内容でどの曲も本当に素晴らしい。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご感想はこちらへ。CD小売店、媒体関係の皆様からのお問い合わせはこちらへ。
 

企業の皆様へ

アイルランド他、ヨーロッパにおける各種コーディネイト、講演など承っております。過去実績はこちら。またこちらにツアーチラシをまとめてあります。THE MUSIC PLANTのコンサートは各媒体でもとても好評いただいております。過去掲載された記事の一部はこちら。メールにてお気軽にお問い合わせください。
 

English information

If you need concert tickets from THE MUSIC PLANT,  please email me.

We provide consulting service to the artists who want to expand their market to Japan.  Please email me for the detail.